ホームページを制作するにあたって

インターネット利用が盛んな時代となり、ホームページという存在が一般に普及しはじめてかなり経ちますが、ホームページを作る目的と役割が明確になっていれば、ホームページを制作する意味は今でも充分にあります。

飽和している今でもホームページを生かすことは出来ます

なぜなら、昨今のスマートフォンの普及や発展によって、GoogleやYahoo等の検索エンジンでホームページを検索するユーザー数が爆発的に増えたから。
ユーザーが求める情報的確なキーワードで情報や商品としてページ化することで、これだけ数多のホームページが乱立している時代でも、新規にホームページを制作し参入することに大きな意味を持たせることが可能です。

弊社のホームページ制作事業では、<名刺代わりとしてのデザイン重視のホームページ制作>や、<実際に利益を上げる為の細かな戦略を用いたホームページ制作>といったように、求めるホームページの形態にマッチしたユーザーの心理を前もって読み取るノウハウなども、ウェブからの集客を行う上での大事な知識として、ビジネスオーナー様、ホームページご担当者様へご提供いたします。

いつ、誰にどういう事をどう解決できるどう提案できるかを提示できるかが鍵

このユーザーの心理を読み取るというのはとても大事で、ユーザーが求めていない情報をいくら大量にページ化したとしても、必要とされていないページには意味がありません。
道端に石ころが落ちていても、誰も気に止めないのと同じです。

当然のことのようにも思えますが、意外とこのことを知らない、気づいていない方が多いのです。

気づいていないからこそ、誰もが想像できるような安易で大きなキーワードでの検索誘導しか想像できず、大きなキーワードで検索上位表示が出来なければ意味が無いと諦めてしまったりします。

それだけで諦めてしまうなんて、本当にもったいないことです。

誰もが想像するキーワードということは、当然似た業種のライバルの会社も想像するであろうキーワードだということ。
その中でキーワードの検索上位を勝ち取るということは、相当な資金と時間と不安定要素を同時に内包しているのは間違いありません。

大雑把な戦略は通用しないからこそ、細かく質の高い情報が効果的

誰もが想像する大きなキーワードを狙うことがダメ!ということでは決してありません。
ですが、誰もが想像するキーワードで血みどろになりながら戦い抜き、アクセスがホームページに回って来たとしても、そのホームページの中にユーザーが求めている深い情報がなければすぐに離脱してしまいます。

ということは、最初から深い情報のあるページを沢山作ることがとても有効であるというのが理解出来るのではないでしょうか。
細かなキーワードでのアクセスを大量に集める戦略の方が、はるかに遂行しやすいのです。

実際に、大手の価格比較サイトである「価格ドットコム」というサービスサイトがありますが、果たしてそのトップページだけで全ての人が満足できるのでしょうか?

だからこそ、個別のページの重要性が非常に強くなるということになるのです。

弊社では、そういったアクセス戦略はもちろんのこと、操作しやすく離脱しにくいユーザーに好まれるWEBデザインを構築し、依頼主様のビジネスを加速させるホームページをご提案させていただきます。

ホームページ制作のご依頼はコチラ