ホームページ制作 福岡

福岡県福岡市でSEO対策で集客・利益アップ!適切な検索対策で上位表示

consulting
検索順位が低くてアクセスが上がらない・・
売上も利益も上がらない・・・・
長年の経験で培ったSEOノウハウを駆使して、
アクセス数と売り上げアップの
お手伝いをいたします。
ホームページでこんなお悩みありませんか?
  • ・検索の順位が上がらない
  • ・ホームページ業者にお願いしたサイトにアクセスがない
  • ・ホームページやブログから店舗への集客を増やしたい
  • ・ブログを書けと言われたけど、何をどう書いていいかわからない
  • ・ホームページから問い合わせが来ない
  • ・通販サイトでの商品が売れない
そんな時は!
SEOマーケティングですべて解決
SEO対策後の
アクセスアップイメージ

SEO対策後の
売り上げアップイメージ

注意:上記の表記はあくまでイメージであり、数値が異なる場合があります。
検索順位が上がれば
ドカンと数字が大きく変わる事も珍しくはありません。
SEO対策を賢く施してうまく売り上げに繋げませんか?
SEOで大事な5つのポイント!
1
上手くいかないのはターゲットが明確になっていないからです。
検索からのアクセスには必ず画面の向こうには人がいます。
その人に対して何かを伝えるという事をしないかぎり、誰にも言葉が刺さりません。
極端ですが、車を買いたい人に、キャベツを売ろうとしても会話にならないのと同じです。

そこには、誰に見てもらうためなのか?というのが考えられていないからです。

誰にも興味を持たれないページは、
Googleなど検索エンジンの評価も当然上がりません。
そして誰にも評価されないページを大量に作っても、ドメインは強くなりません。

キーワードや伝える事が明確化する!
||
だから順位が上がる!
||
さらに成約率も上がる!
2
売れるキーワードからのアクセスの上げ方がわかる!
検索からのアクセスには、かならず何かしらの意図があります。
北九州の居酒屋を探したい人は、北九州 居酒屋から始まるキーワードで検索しますよね?

ということは、貴方のホームページに売れるアクセスをアップさせるには、
ユーザーのキーワードの意図に合わせた情報をサイトのどこかのページに記載してあげる必要があるわけです。

スクリューアドベントのSEO対策は、
誰の為の何に対してどういう情報を伝えればいいのか?
という考え方をお客様に合わせてサポート致します。
対策するページの対策方法がわかる!
||
意味の無い努力もを避けることができる
||
的確に売り上げアップ!
3
売り上げの発生が多くなります!
売り上げを上げる方法はこの世界にはたくさんあります。

直接訪問での営業や、チラシの投函、折込チラシなど、様々ですが、SEOを対策できれば、少ない手間で、大きな売り上げを上げる事が可能です。

よく言われることではありますが、ホームページでの営業というのは24時間なので、時間のロスがなくなります。

また、検索キーワードから、ホームページに訪れて注文してくれる人は、検索する時点で注文する意思があり、それをどこで購入するかを探しているとも言えるため、
ホームページからの連絡からの成約率は
上手なところは90%以上という数字もめずらしくはありません。

さらなるキーワードでのSEO対策の時間が増える
||
効率よく集客ができる
||
デスクでの作業で営業力が高まる!
4
上位表示可能な売れるキーワードを増やしてリスク回避!
売れるキーワードというのは、商品やサービスによってもいろいろですが、1つのキーワードで月に100万円の売り上げを上げるより、3つのキーワードで30万円ずつ売り上げを上げる方が検索順位の影響を分散しやすいと考えられます。

個別のキーワードでの売り上げという考えでいけば、新たなキーワードを見つけていくだけで売り上げを上げやすくなるという事になります。

もちろんそういうキーワードを見つける考え方もサポートさせていただきます。

Googleのアルゴリズム変更リスクも分散しやすい!
5
売り上げと利益が安定する!
一時的な検索順位の上昇ではなく、ユーザーに求められるコンテンツSEOであれば、Googleのアルゴリズム変動が起きたときでも、大きく順位が変動しにくいです。
(※順位が下がらないわけではありませんが影響を受けにくい)

スクリューアドベントのSEO対策は、検索順位を上げたり売り上げを上げていく為に必要なことをサポートします。

SEO対策がわかるとあらたなキーワードでの上位表示も!
効率良くホームページを運営して集客に繋げるならぜひ当社にご相談下さい。
下記フォームよりお気軽にご相談ください。

会社名
必須


部署名


お名前
必須


メールアドレス
必須


メールアドレス(確認)
必須


お問い合わせ内容
必須


  

SEO対策(検索エンジン最適化earch Engine Optimization)とは?

簡単に言えば、望むキーワードでのぞむページを検索結果の上位表示(1位表示など)を求める為に行う対策の事です。

SEO対策は結局Google対策なんです。

日本国内での検索するサイトは、グーグル、ヤフー、Bingがほぼシェアしており、その中でも、グーグルとヤフーは多くの検索ユーザーが利用している状況です。

そして、

グーグルとヤフーの検索結果を表示するシステムは、基本的にはグーグルのアルゴリズムを利用しているために、グーグル検索への対策をすれば、ヤフーへの検索結果にも自ずと対策できるというわけです。

Googleが考える検索エンジンとしての意義とは?

グーグルは公的な機関ではなく、1つの利益を追求する企業である事は間違いありません。

そのため、グーグルはグーグルが運営する各種サービスの利用料、グーグルの検索結果などに表示する広告を表示することで、売り上げを確保しています。

その中でも、グーグルの売り上げの割合は、検索結果への広告が多くを占めています。

検索結果への広告で成り立っている側面もあるとも言えます。

そして、広告表示をさせるためには、人を集める対策をする必要があります。

誰も見ない広告に対して、広告費を払ってくれる会社などはあり得ないからです。

そのために、グーグルの検索エンジンを使ってもらうための様々な対策をグーグルは行っています。


と言ったようなCMを見られたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もし、このテレビCMで誘導する検索エンジンの精度が低かったらどうなるでしょうか?

検索結果に欲しい情報無いからもう、グーグル使うのを辞めよう。

という事になりかねません。

そうすると、

グーグルサービスを利用する人の減少

グーグルサービスに掲載される広告枠が利用されなくなる。

広告の稼働率が下がる。

グーグルの売り上げや利益が減少する。

という事につながってしまいます。


だからこそ、グーグルは、検索結果の精度を高める為に、

目立つ場所(検索順位が高いから)にあるからクリックされるコンテンツではなく、

目立たないところからでもアクセスされやすいページを沢山内包しているサイトの評価を高めるような動きをしています。

また、そういったサイト以外でも、なるべく評価されるような動きをしてくれます。

当ページで、書いてある内容が重要である。

というような趣旨の事を記載していますが、それもグーグルの思想や理念に合わせれるためには、検索ユーザーに寄り添う情報を掲載する事が先であることがお分かりいただけると思います。

検索ユーザーに寄り添う。

言葉の使い方はいろいろあるとは思いますが、検索ユーザーが求める情報を返す。

こういったことが、グーグルが考える検索エンジンの意義だと考えられます。

SEO対策をする際に、上位表示に関係する事はこれ

基本的には、

  • ①キーワードの設定
  • ②ドメインのパワー
  • ③個別事例などのユーザーが求めるコンテンツ

に振り分けられます。

キーワード設定(検索意図とのマッチング)

基本的には、ページのタイトルに含まれるキーワードに関する事をジャストミートで表示されている事です。

ドメインパワー(ページのパワー)

ドメインのパワーとは、

例えば、

まったく同じ情報が

ヤフーのサイト内に掲載されるのと
別の個人のサイト内に掲載されるとした場合、

ヤフーのサイトで掲載されたページが上位表示しやすくなる。

といった事です。

グーグルは、ドメイン別に評価の度合いを決めています。

その為、同じ情報でも、あきらかな順位の違いが発生するという事が起きます。

これは、実際の世界で言えば、一般個人の発言と、有名人の発言で、発言の重みや伝わり方が変わるのと似たような感じです。

それを、グーグルの中になんらかの数値としての優劣を決めていると思われます。

そういった事を含めて、ドメインのパワーがあれば、上位表示しやすいという事が言えます。

ただし、ドメインのパワーが高くても、キーワードとページ内の情報が全く関係ないような場合は、パワーがいくらあろうと、上位表示しないような感じでグーグルは対策しています。
(例外もあります)

個別事例などのユーザーが求めるコンテンツ

グーグル検索において、●●を知りたい、という場合に、ほとんどの事で、答えはすでに出ています。

例えばSEO対策と検索すると、その意味や概要は、検索結果ページにそのまま内容が表示されていたりします。

そのような、表面的な情報だけで構成されているサイトはあまり評価されません。

昨今の検索エンジンを利用する人は、

自分に置かれている条件の時にどうすべきか?何をすべきか?欲しい物はあるか?

といった事を調べます。

概念的な情報ではなく、個別事例として、自分と似た人の事例などを探して参考にします。

通販サイトなどの口コミなどは、それを端的に表したものとも言えます。

そういった事もあるため、グーグルは個別事例の記事を好む傾向があります。

とはいえ、そもそものサイトの構成なども必要になるので、個別事例だけでは検索上位表示はしにくいというのもあります。

そこに、弊社のようなサイトの調整などを見抜く業者などが必要になる場合もあります。

SEO対策の方法|あなたのサイトを検索1位にするためには?

単純にどこかのページをどうにかすれば、そのページの順位が上がる。

という場合から、

ダラダラ長く書くのではなく、情報をそれぞれページ化して、それぞれの情報ページへ行き来しやすくする。

という事も対策の一つになります。

SEO対策として、ご依頼される場合は、何らかの事で、検索上位表示としては、正しくない構成になっている場合はとても多いです。

そういった事を調整するためには項目全て、または一部を調整する必要があります。

  • 【1】サイト設計を見直す
  • 【2】ページ別のキーワードしっかり決める。
  • 【3】読みやすくわかりやすいページを作る。
  • 【4】操作性を良くして、ユーザビリティを意識する。
  • 【5】ページの表示スピードをなるべく速くする。

といった事の対策が必要になります。

【1】サイト設計を見直す

これは、

対策するキーワードで、

  • どのようなユーザーの種類が考えられるのか?
  • どのようなユーザーの需要があるのか?

などを考えた上でのページ間移動の際のピラミッド型の設計を見直す事になります。

ご依頼される場合において、依頼者様のサイトの設計が複雑であれば複雑であるほど、修正に時間がかかるといえます。

【2】ページ別のキーワードしっかり決める。

【1】で説明した様に、ユーザーの事を調べていくと、ある程度の区分に分けられていきます。

さらに、区分ごとに、メインのキーワードが変わります。

よく例に出されますが、

リンゴについての記事群にミカンの事が紛れてしまうとそれはリンゴとしてのサイト構成ではなくなる。

という事です。

そして、リンゴの中にミックスジュースなどは含まれないの?という言われ方をする場合もありますが、

それは、

ミックスジュースという区分の配下に入る事になります。

そして、ミックスジュースというのは、リンゴというキーワードから見れば、

リンゴ > ミックスジュース

という感じでリンゴに関する情報から見ると、

リンク構成としては、リンゴが上位層で、ミックスジュースが下位層という事になります。

まとめると、

対策して上位表示したいキーワードを頂点として、ピラミッド状に広がりながら深くなっていく構成を、各ページ別にキーワードを意識してページ構成を考える必要があるという事です。

【3】読みやすくわかりやすいページを作る。

読みやすくわかりやすいというのは細かいところをついていくといろいろありますが、

ひとまず言える事は、

  • 文字の大きさ。
  • 文節ごとの改行。
  • 見出しの見やすさ。
  • ブロックとしての括りボックス。
  • ページ全体の色使い。

といった事が言えます。

他にも無いわけではありませんが、上記の事を注意するだけでも、かなり見やすくなります。

【4】操作性を良くして、ユーザビリティを意識する。

サイトのデザインとして、アニメーションを挟んだりすることがあると思います。

それらは、伝えるデザインとしてはかっこよく見えるというメリットもありますが、求める事がデザインのカッコよさではなく、ページ内のコンテンツである人の場合はかなり多いため、作りてや売りて側にしかわかりにくいようなデザインは、控える方が良いかと思います。

どうしてもデザインに対してかっこよくしたいという場合は、キーワード検索をおこなわず、社名やサービス名で有名になった後行う事をお勧めします。

【5】ページの表示スピードをなるべく速くする。

これは、検索ユーザーが、PCから、スマートフォンなどに移行して数年たちますが、ユーザーが置かれているネット環境や、端末の処理速度は、条件が悪い場合も場合にはあります。

そういったユーザーにもなるべく配慮するために、画像のサイズを圧縮する、不要なスクリプトなどは読みこまないという事を意識する事が必要になります。

ページの役割を理解する

作成するキーワードによっては、そのキーワードで狙うページによって、目的や役割が変わります。

キーワードによってユーザーの意識は露骨に変わります。

なので、極端な言い方ですが、下記のようなパターンなどがあります。

もっと他にもありますが、大雑把にこの程度理解いただければ問題ありません。

キーワードの難易度高い

売り上げにつながり、さらにアクセスが集まりやすいキーワード

キーワードの難易度高い

売り上げにはややつながる、アクセスもそこそこ集まるキーワード

キーワードの難易度高い傾向がある

売り上げにはつながらないけど、アクセスが集まりやすいキーワード

キーワードの難易度低い

売り上げにはつながるけど、アクセスが集まりにくいキーワード

キーワードの難易度低い

売り上げにはつながらない、アクセスが多少集まるキーワード

キーワード選択のミス

ホームページ運営でうまくいかない場合のほとんどがアクセスが集まらないか、キーワードを外しているか?

という事があります。

特に
売り上げにつながり、さらにアクセスが集まりやすいキーワード 

という、ライバルが多いキーワードでページをたくさん作っているミスをしているサイトは多いです。

前にお伝えしたように、グーグルは、新しい情報や、アクセスや滞在時間が長いサイトを評価します。

評価されていないときに、収益に結び付くようなキーワードでページを作っても、ほぼ上位表示されません。

それは、収益に結び付くキーワードというのは、どこか誰かのページによって先に抑えられているからです。

なので、アクセスが少ないサイトは、

キーワードの難易度低い:売り上げにはつながらない、アクセスが多少集まるキーワード

に関するページを作っていくという事が良い結果をもたらす事につながる場合が多いです。

※すべてではありません。

少なくとも、検索結果経由でアクセスを集める事ができている状態であれば、ドメインの評価を上げていく事に成功しているといえます。

評価された後に、収益に近いページを作っていくと、スムーズに売り上げにつながる場合はとても多いです。

という事で、ページの目的をしっかり意識して作る事が必要というわけです。

信頼ページを用意する(信頼・安心・情報・Q&Aなど)

これは、先ほどの、話から、キーワードとしては、行われている事業に関して知りたい人で、かつ、アクセスアップにつながる記事といえます。

また、サービスを利用する上でのリスクや、費用感、費用対効果、などをしっかり伝える事で、問い合わせや、成約率アップにもつなげる事ができます。

収益化ページを作る(メルマガ・売り上げ・登録等々…)

これは、サービスを紹介したり、問い合わせページであったりというページになります。
これがあるのと無いのとでは、結果に大きく影響する場合もあります。

ただし、サービスや事業の方針などで、電話などでの対応をメインとされている場合は、必ずしもそうではない場合もあります。

まとめ

福岡市は、すべての市のうち、5位前後の人口をもつ人口が多く事業主の数も多い市です。
歴史や、アジアへのビジネスの拠点になっていたり、観光地や食文化においても人気があるため、集客を行うにも、以前はチラシなどでもそれなりに効果が出ていましたが、今では、ウェブで前もって調べるという人が多くなり、ネット集客としてSEOを求める会社も以前と同等程度には需要があるようです。

商業的にもSEO対策は効果的で福岡でも、その期待は高まっています。

ソーシャルの発達でSEOの時代は終わりという話も一時期はありましたが、ソーシャルの運営は、一つ手順を間違うと、大きくダメージを受けてしまうという場合も昨今ではよく聞く話となり、検索順位アップという事への需要がまた戻ってきているという状態なのかもしれません。

とは言っても、検索順位を上げるというのは、サイトの構成や、ページの構成、リンクの構成など、様々な要素が絡むため、一般の事業者様や、一般の会社では対応できないというのもあります。

そのために弊社では、お客様の状態に合わせて話をしていくという事を行っています。

ホームページ制作を福岡でご希望ならスクリューアドベントへお任せください。