コロナ禍でも売り上げアップなWEB集客のためのホームぺージ制作

突然ではありますが、コロナウイルスでお店の売り上げが下がってしまった…。

せっかくお店をオープンしたにも関わらず、認知度は上がらず、問い合わせも増えないまま…。

TwitterやInstagramは更新しているけど、SNSじゃお店の詳細までしっかり伝えられない…。

皆様そんなお悩みを抱えてしまってらっしゃるのではないでしょうか。

なんとか売り上げを
取り戻したい!

問い合わせを増やしたい!

お店の宣伝をしたい!

 

弊社で昨年からよくご相談を受けるコロナウイルスに関係したこの話題。
東京や大阪だけかと思いきや、まさかの福岡県北九州も緊急事態宣言の対象に。

前回の緊急事態宣言では、飲食店が夜20時までの時短営業を課されていましたが、今回は飲食店以外の業種も同様に時短営業…!!
そのためなんとかこの苦境を乗り切ろうと、北九州でお店を経営される皆様からのご相談が増えてきました。

 

WEB集客ならホームページ制作

その中でもWEB集客の方法として一番ご提案させていただくことが多いのが、弊社の得意分野でもあるホームページ制作とSEO対策です。

特に今までホームページを持ったことのない方や、過去にホームページを作ったはいいけれど効果を実感できなかった方には強くおすすめさせていただいています。

そうはいっても、このコロナ禍のなかホームページを作ったところで売り上げが上がるのか?
と疑問に思われる方もいらっしゃいます。

ええ、もちろん。

上がるんです。

売り上げアップできるんです!

 

売り上げアップにはSNS?
それともホームページ?

現代では私生活でも、ビジネスにおいても、情報の収集と発信には欠かせないSNSサービス。
各SNSはリアルタイムでの情報発信には優れているのですが、まとまった情報の案内や認知は少々苦手なジャンルとなります。

例えば、本日の日替わりランチであればSNSを活用して宣伝するのがいいでしょう。
日替わりランチという情報の性質上


「その日のみ」
「特定の時間帯のみ」
「その時のみ」


といったように、情報の新鮮さと発信の速さが重要視されるものはSNSが得意とするものです。

しかし、常在するお店のメニューであったり、お店が基本的に行っているサービスなど、鮮度の低い情報の発信はSNSの苦手とするところとなります。

新鮮な情報が毎時毎秒、矢継ぎ早に流れてくるSNSにおいては、常在するメニュー=鮮度の低い情報を何度も投稿していると、フォローしているユーザーからしてみると「また同じ情報か」と思われてしまい、せっかくのフォロワーが離れてしまう原因にもなりかねません。

その為に、SNSで注目を集めたユーザーの誘導先として、ホームページ制作をおすすめしています。

鮮度が高く、優先度も高い情報はSNSですぐに発信。

それによりお店やサービスに興味を持ち「詳細が知りたい」となったユーザーは、ホームページを見ることで、画像付きの一覧として見やすいメニューや、主要駅やバス停から分かりやすいアクセス方法、ブログ形式でさかのぼりやすくなった情報などを、簡単に確認することが可能となります。

しかし、ホームページ制作はSNSとの連携や使い分けなどだけではありません。

 

ホームぺージで経費も削減!

コロナ禍でなにかと困りごとの多い今。
店舗運営や、経営の安定の為にはなにかと経費の削減が必要になっていることかと思います。
新しくお客様の新規開拓を狙う為に営業マンを1人雇うのにも、スタッフを1人雇うのにも、雇用したあとの人件費や求人広告掲載料など、当然様々な面で費用が発生してしまいます。

もちろんホームページ制作にもそれなりの費用はかかります。

が、それは最初だけ。

一度作ってしまえばランニングコストは毎月の保守費のみ。

多くのユーザーがGoogle検索やSNSの投稿を元にアクセスをしてきますが、それに対して実際の人間が都度応対する必要もないので、ホームページがあるだけで24時間自社の宣伝を行ってくれる営業マンとして活躍をしてくれます。

さらに今すぐ急ぎで求人が必要でない場合は、自社のホームページに掲載すれば掲載料は実質0円!
求人広告の場合は1度の掲載料で十数万円ほどかかってしまいますが、即効性や拡散力は強いため、必要と状況に応じて上手く使い分けることで、経費を大幅に削減も可能となります。

また意外と知られていないのがアクセス解析機能。

自社のホームページにどんなキーワードでユーザーが訪れたのか、そのユーザーはパソコンを使っているのかスマートフォンを使っているのかどの市町村からのアクセスなのか、どんなページにアクセスが来ているのかetc…

様々な情報から自社のお客様を分析、そこから宣伝やWEB集客だけではなく、実店舗でのイベントなど戦略を立てることも十分に可能です。

他にもビジネスを行う上での信頼感も得られ、WEB上からの集客も獲得することが出来たり、問い合わせを気軽にしてもらえるようにもなります。

 

アクセスを集めるためのSEO対策

でも、どれだけいいホームページであったとしても、アクセスがないと意味がないのでは?

そう思われる方もいらっしゃることかとおもいます。

そのために、WEB集客の方法の一つとしておすすめさせていただくのがSEO対策です。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略称で、

Search Engine = Googleやヤフーなどの検索機能

Optimization = 最適化

それぞれがこのような意味を持っています。
その為、検索エンジン最適化とも呼ばれるのがこのSEO対策。

SEO対策を施すことでGoogleやヤフーなどにおいての検索結果で、より多く自社サイトを露出させる=目につきやすくする施策のことです。
例えば「北九州 焼き鳥 おすすめ」のようなキーワードでGoogle検索した際に、

この検索結果の表示順差が、WEB集客においてライバルとの大きな差となります。
基本的に何かを知りたくて検索を行うユーザーは、検索時に表示された上から順にアクセスをしていきます。

当然検索順位1位の場合はクリック率100%と仮定して、その時点で満足のいく情報に巡り合ったユーザーはその下の検索順位2位のサイトへアクセスすることはほぼありません。
なのでここでは検索順位2位へアクセスしてくるユーザーは50%としましょう。

そうなるとどうなるか。

検索順位1位(アクセス率100%)に対して満足のいかなかったユーザーが、検索順位2位(アクセス率50%)のサイトへ、それでも満足いかなかったユーザーが3位(アクセス率25%)のサイトへ…といったふうに、検索順位が下になればなるほど、検索を行ったユーザーが訪れる可能性は下がっていきます。

このコロナ禍で、WEB集客を目的としてせっかくホームページ制作をしたのに、誰もアクセスしてくれないのでは意味がありません。

でもSEO対策って費用が高いんでしょう?

そうお思いの方がほとんだと思います。
しかし、弊社ではホームページ制作をご依頼いただいたお客様へは、2種類あるSEO対策(内部対策SEO・外部対策SEO)を無料にてご提供させていただいております。

もちろん、もっともっとSEO対策を行ってほしいという場合には、らに充実したSEO対策も行っておりますのでご相談ください。

 

ホームぺージ製作費がお得になる助成金

さて、ここまでコロナ禍におけるホームページ制作とSEO対策のメリットをお伝えして参りました。

ホームぺージを作ることによって得られるその効果、WEB集客を可能にする様々な施策。
今だからそこホームページを作らない手はないと言っても過言ではありません。

実際に弊社では昨年同時期からの1年間で、コロナがきっかけのホームページ制作依頼が北九州と全国を含め14件承らせてただきました。
中にはコロナ禍で売り上げが下がっている、とのことでネット販売開始されたお客様もいらっしゃいましたが、弊社のSEO対策の結果も上々で、お客様の売り上げも好調とのお喜びの声も頂戴いたしました。

「う~ん…でも…そうはいっても、このコロナでホームぺージ制作を頼むお金もないし…」

 

ご安心ください。

そんな方の為に、おすすめなのが「小規模事業者持続化補助金」という補助金制度!!
こちらは商工会が公募している補助金なのですが、最大で予算の2/3(上限50万)を補助してもらえるというもの。

要するに75万円規模のホームぺージが、

25万円で作れてしまうという…!!

そんなすごい補助金なんです!
これを活用しない手はないと、多くのお客様へおすすめさせていただいております。

次回のブログでは、こちらの補助金に関して詳しくご紹介をしたいと思います。

 

WEB集客とホームページ制作のまとめ

ここまで読んでくださりありがとうございました。
コロナ禍でどこもかしこも、業種を問わず大変な時期だと思います。
だからこそ、こんな時だからこそ、同業他社との差を広げるチャンスでもあります。

 

コロナ禍だからこそWEB集客を

WEB集客にはホームページ制作で

助成金を活用してお得にホームページ制作!

 

弊社ではホームページ制作の他に、名刺やパンフレット、フライヤーのデザインや、ロゴ作成、動画の撮影から制作まで行っております。
近年では企業や自治体のゆるキャラやマスコットキャラクター制作も手掛けさせていただいております。
なにかお困りごとやご相談がございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました