見なきゃ損!思わず興味を引くタイトルの付け方とは?

今この記事を読んでいるあなたに質問です!

なぜあなたはこの記事を読もうと思い、アクセスしましたか?

「見なきゃ損!」

このようなタイトルに「え、何?見なきゃ損するの?」と興味を引かれ、

アクセスしませんでしたか?

タイトルって記事を作成するにあたって、とても大事なんです!

タイトルは、SEO対策や集客にも大きく関わってきます。

それから、同じ記事を作成している競合サイトも多くありますので、

よりタイトルを目立たさなければ、

いくら記事の内容が濃くても、読者は興味をもってアクセスしてもらえません…

せっかく作成した記事なのに読んでもらえないなんて、悲しくないですか…?

そこで今回は、

「なぜタイトルが重要なのか?」

「タイトルの付け方の基礎」

「思わず興味を引くタイトル 4つのパターン」についてご紹介します!

なぜタイトルが重要なのか?

私たち人間は、第一印象に大きく影響されやすい特性があります。

例えば、あなたが本屋さんに行って、

「何か面白い本が欲しい」と、膨大な本の中から探そうとしています。

そして、ある本に興味を引かれ、1冊の本を手に取ります。

一々、本の中身を全て読んで、内容を判断することは、

時間もかかってしまいますし、最後まで読まないでしょう。

まず、あなたが一番最初に見るのは、その本の題名であるはずです!

同じように読者も、記事のタイトルに興味を引かれ、本文を読みます!

なので、記事の内容と同じくらいタイトルは重要なんです!

タイトルは、「記事の顔」といえます!

ですから、いくら良い記事を作成したとしても、

タイトルを適当につけてしまうと、読者の興味を引くことができません。

記事を多くの読者に読んでほしい場合は、

記事の中身は勿論大切なのですが、

タイトルもきちんと力を入れて、読者の興味を引くことも重要です!

タイトルの付け方の基礎

タイトルは長くないか?


一般的にGoogleやYahoo!で表示されるタイトル数は、約32文字と言われています。

なので、文字表記のことも考えると、32文字以内がベスとなります

ですが、全て32文字以内に抑えるべきというわけではありません。

読者に読ませたいポイントをタイトルに表示することが重要です!

タイトルの前半に書き込めていれば、読者の興味を引くことができて問題ありません!

ちなみにですが…

この記事のタイトル数は25文字で、

32文字以内に入っているため、ベストです!

一文で記事の内容を表現できているか?


タイトルとは、記事の内容を一文で表す言葉です!

どんなに多く記事の内容を書いたとしても、

タイトルは、一文でどのような内容があるのか表現しなければなりません。

そのため、如何に記事の全体の内容を理解しているかが重要になります!

全体の記事の中を通して、

一番伝えたいことや言いたいことをタイトルにおくと、

記事の内容と一致したタイトルができます!

記事を作成するにあたっても、

「結論は簡潔に!」と言われているように、

タイトルも簡潔で分かりやすいことが求められます!

注意点として、例えば、

タイトルが「集客アップに繋がるホームページの作り方」なのに、

記事の内容が、集客アップに繋がるホームページの作り方と全く関係のない内容であれば、

読んでいる読者も期待を裏切られた感じがします。

なので、タイトルと記事の内容を一致させ、

読者の期待に応えることが重要となります!

一目見て分かりやすいタイトルか?


タイトルを一目見て、記事の内容がどのように書かれているのかを

具体的にイメージできるかという点も重要です!

読者がイメージしにくいタイトルでは、読者の興味を引くことができません。

例えば、

「知っておきたいテクニック」という記事タイトルがあったとします。

しかし、

これでは「何の為のテクニック?」と疑問をもち、

読者のイメージがしにくく興味が引けません。

なので、

「Web業界必見!知っておきたい集客アップのテクニック!」のように、

具体的なタイトルであれば、読者もイメージがしやすく、興味をもつことができます!

検索キーワードをタイトルに含めているか?


検索に上げたいキーワードをタイトルに含まれていると、

検索した時にでてきやすく、SEO対策にもなります!

もし、あなたが「オレンジ」について記事を作成したとします。

タイトルに「オレンジ」について多く検索キーワードを含んでいた場合、

多くの読者が「オレンジ」を検索した時に、

あなたが作成した「オレンジ」の記事タイトルに引っかかる可能性が高くなります!

そのため、集客アップにも繋がるのです!

読者が役に立つと思ってもらえるか?


多くの読者が悩みを解決するために検索をかけます。

読者が悩みを解決できるかを判断することができれば、

アクセスされる確率も上がります!

また、誰の役に立つのかをタイトルに入れておくことも、

アクセス率を上げる1つの手です!

興味を引くタイトル 4つのパターン

興味を引くタイトルのパターンは数多くあるのですが、

今回は4つのパターン例と一緒にご紹介いたします!

1. 数字を挿入

タイトルに具体的な数字を使うことで、説得力が上がります!

実現しやすい数字だと、読者のイメージもしやすいので、興味を引きやすいです!

あまりにもかけ離れすぎている数字では信憑性がなくなり、

アクセスされなくなってしまいます。

例: 1ヶ月で-10㎏減!○○を食べるだけで痩せるダイエット法とは!?

2. 疑問形にする

タイトルを疑問形にするだけで訴求力が上がります!

読者の「答えを知りたい!」という欲求をくすぐられ、

記事を読むための動機となります!

ポイントは、読者に寄り添った疑問形にすること!

読者に疑問を投げかけることによって、ダイレクトなメッセージとなり、

悩みを抱えている読者に興味を引くことができますので、有効的です!

例:あなたは知っていますか?仕事で得するコミュニケーション力!

3. 常識の意表を突く

思わず「えっ⁉」と聞き返したくなる非常識なタイトルは、読者の興味を引きます!

その非常識を論理的に説明することが必須となります!

例: 98%の人は誤解をしている… 相手の心を動かすのに文章力は不要!

4. ターゲットを明確にする

タイトルの中でターゲットを明確にすることで、

本当に読んでほしい読者の心を掴み、興味を引くことができます!

また、書いてある記事の内容のイメージがしやすいというメリットもあります!

例: 初心者向け!○○についての方法とは?

まとめ


記事をより多くの読者に読んでもらうためには、

思わず読みたくなるような興味を引くタイトルを付けることが重要です!

タイトル数を簡潔に、検索に結びつくキーワードを含み、読者の役に立つ、

記事の内容を一目で分かる一文にすることが、興味を引くタイトルの付け方として大切です!

ですので、タイトル1つ1つ気を抜かず、記事を作成していきましょう!

…いかがだったでしょうか!

思わず興味を引くタイトルを考えるのって難しいですが、

「どのようなタイトルだったらアクセスしたくなるか」

という読者の気持ちを考えながらタイトルを作るといいかもしれません!

今回の記事があなたの参考になれば幸いです。

ホームページ制作を福岡でご希望ならスクリューアドベントへお任せください。
Copyright c ホームページ制作 福岡・北九州|株式会社スクリューアドベント All rights reserved.