SEOに強いブログの書き方!初心者必見!

一生懸命書いたブログの「PV数」「順位」がいつまでもあがらないと、
モチベーションも下がって、記事を書くことが嫌になってきますよね。

ブログを運営していく中で記事の順位がなかなか上がらなかったり
順位は、上がっているがPV数が向上しないなどよくあると思います。

そこで今回は、SEOに強いブログの書き方についてご紹介していきます。

SEOに強い文章を書こう!!

SEOに強い文章を書くには、対策キーワードを含めて文の量を多くする事が大事
と考えている人が多くいると思います。

確かに、キーワードを含めて文章を書くことは重要です。

しかし、それだけでは、SEOに強い文章になりません。

ユーザーが何について検索するのかユーザーニーズ(検索意図)
なども考えて書くことが大事
です。

ユーザーニーズ(検索意図)とは?


ユーザーニーズ(検索意図)とは、
検索するユーザーが求めている情報のことです。

例えば、

「北九州 SEO」で検索したユーザーは、何を知りたくて検索しているのでしょうか。
SEOの事だけを知りたいのであれば「北九州」はいれず、「SEO」だけで検索しますよね?

つまり、

「北九州周辺でSEOを、行っている会社」を知りたくて検索しているということになります。

これがユーザーニーズ(検索意図)です。

検索意図が分かると何がいいのか


検索意図が分かると、ユーザーに刺さるコンテンツが簡単につくれます。

先ほどの「北九州 SEO」でも

・依頼するときの金額

・プラン

・実績

などを掲載しておくことで、ユーザーが知りたいことを網羅したページ
もしくは、サイトにすることが可能になります。

検索意図の汲み取り方


検索意図を汲み取るには、検索結果画面を見ることがオススメです。

評価項目が多いので、一概にコレとは言えませんが、
検索結果はそのサイトのクリックPVや内容などによって順位の変動がおこります。

そうなると、ユーザーが

「検索ワードで求めている情報」

「需要を満たしている情報」

を掲載しているサイトが残っていきます。

つまり、

検索結果画面は検索意図を考える為の大切な情報源になります。

記事を書く前にやること!

記事を書く前にやる事とは、まずブログがしっかりと運営されているのか確認することです。

「SEO対策キーワード」

「ブログ運用方針」

これらを考えずブログを記事を書いても
方向性が定まらないままの記事が増えるだけです。

その為、ご自身のブログがしっかり運営されているのかどうかの確認をしましょう!

SEO対策キーワードとは?


SEO対策では、対策キーワードの選定は非常に重要です。

選んだキーワードが先ほどご紹介したユーザーニーズ(検索意図)と
マッチしていなければ、時間をかけて記事を書いてもコンバーションに結びついていない!
という結果になりかねません。

欲張って1記事にあれもこれもと、カテゴリやテーマの異なるキーワードを入れて検索上位を狙おうとすると、結果的にどのワードに対しても評価が得られず上位表示が難しくなるという結果になってしまいます。

記事を書くときに注意すること!

ブログ記事を書くときに注意するべきことは、

「法律」「コピー(重複コンテンツ)」です。

これらを意識して書かないと知らず知らずのうちにブログの順位や評判に悪影響を及ぼす可能性があります。

SEO対策を行って、ブログ記事の順位を上げることは、対策としては間違っていませんが、誤った方法で記事を書くと記事の順位が突然落ちてしまうこともあります。

こういったことが起きないように、
SEOスパムについてしっかり把握しておくことが大切です。

その為、それらをしっかり理解してブログ記事を書いていきましょう!

まとめ

今回ご紹介したように、ブログ記事のSEO効果を上げる為には、継続的にブログ記事の改善をしていかなければいけません。

なぜ、検索順位が向上しないのかをしっかり考えながらブログ運営していきましょう。

弊社では、

「SEO対策をしたい」

「検索順位を上げたい」

といった方のお手伝いをしております!

お気軽にお問い合わせください。

ホームページ制作を福岡でご希望ならスクリューアドベントへお任せください。
Copyright c ホームページ制作 福岡・北九州|株式会社スクリューアドベント All rights reserved.