ブログ記事を書く時間が無いと言う人のための必殺技がこれ

ブログの役割とブログの効果何のためにブログ記事を書いてと言うような事の凄さを理解した人は記事を書きたいのに書く時間がないと言うことで悩む人もいると思います。

その方法とは

お手持ちのスマートフォンなどで

メモ帳などのテキストアプリを立ち上げていただいて、そこに音声入力で文字をたくさん入力をしていくと言う簡単なことです。

なんだ、そんな簡単なことかと思うかもしれませんが、とても単純なことなんですけども費用対効果はすこぶる良い方法です。

当社はブログ記事を書くと言うことに対して条件はありますがトップページよりも大事なページだと思うことがあります。

その理由として、

トップページの場合はサイトの入り口と言う事なので、

何かしらを求めてる人をナビゲートすると言うようなページにならざるをならざるをえません。

トップページを見てほしい情報が完結する事というのはほとんど無いというわけです。

それとは逆に、記事の場合だと求めている情報そのものを掲載しているページになります。

だから、必要な情報を伝える為のページという事になるので、ウェブでの情報伝達という意味で言えば、記事の情報が重要となります。

また、浅い情報量であれば、検索ユーザーは求めた情報ではないと言う判断をしてそのページから離脱してしまいます。

そしてそれは、結果的にどうなるかと言うとサイト内を回遊する率が減るため、Googleの評価が下がってしまうという事になります。

だからこそ、ブログの効果って言うものはまだまだ高いといえます。

さらにそういう事は知ってるよと言う人もいるとは思いますが、わかっていても、物理的に時間が無いから書けないという人は意外と多いです。

今このブログを書いている私もブログを書くのがめんどくさいなぁと思う人でもあります。

そんな私が今こうして書いているブログがすらすらと書けているのは、

車の移動中等でスマートフォンを使って音声入力によってフロー基準の大部分のネタを書いているからです。

音声入力によって書かれた文字と言うのは正確性と言う意味で言えばあまり正確ではないっていうのはあります。

なので使い所と言う意味で言えば下書きとして使う文章書くときのたたき台として使うと言うように考えれば音声入力はとても使いやすいツールといえます。

またブログで記事を書くと言う時にキーボードを使って入力する場合と音声を使って入力する場合と比較したときの、

頭の中の思考プロセスは基本的に同じはずです。

頭で考えたことをキーボードで打ち込むのかもしくは頭の中で考えたことを口に出してしゃべるのかしゃべらないのかと言うようなことに分かれます。

たまに音声入力でブログを書くのは難しいんじゃないの?

と言われますがすぐになれますし、とても使いやすいです。

どうしても、音声入力が難しいという方は、そもそもブログ記事をどう書いていいかわからない方ではないでしょうか?

そもそもが書きたいことが頭の中で理解できていないのであれば、音声入力だろうと、キーボードであっても書けないという事になります。

この音声入力でブログ記事を書くと言う方法はさらにこういうメリットもあります

そのメリットと言うのは空いてる時間にぼそぼそとつぶやくことでテキストを起こすと言うことができます。

何らかの題材に対して音声でテキスト起こしをしておくとすれば、正直1つの記事の下書きを書くと言うことに対して30分かかるかかからないかという位で意外と使える記事のたたき台をたくさん作る事ができる。

といえます。

そのため題材さえ最初にたくさん決めておいてそれに対して個別に一つ一つ音声入力によって文章のたたき台を作っておくと言うふうにすれば

パソコン用タブレットなどで文字の修正であったり文字のサイズ文字の大きさ文字の太さなどを修正したり必要な画像を挿入したりといったような調整だけ行うだけで、1つの記事が完成します。

これは、入力で打ち込んでいくと言う方法で同じようなことをした場合に相当疲れると話になるのです。

ですが、その疲れると言うことがかなり軽減されます。

本当に時間が空いた時にぼそぼそっていくだけでブログ記事を書く事ができるので、時間の有効活用できるというわけです。

この記事そのものも音声入力なわけですがこれだけの文字数を通じ打ち込むと言うのはそれなりの労力が必要になります。

自社での収益売り上げアクセスアップなどを目的とする場合はその事に対して何を、どう書く?

と言う事さえ理解しておけば切り口さえ頭の中で切り替えて考えればいくらでも記事を生み出すことが可能になるといえます。

ブログ記事を書く時間がないとお困りの方はいちど試してみて下さい。

ではまた

ホームページ制作のご依頼はコチラ