北九州の美容室が集客できて未来まで効果が残る方法、ご存知ですか?

弊社のスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

この記事は、美容室を運営しておられて、今までにいろんな広告を試してきたけれど、結局のところ何をするのが一番いいのかを迷っておられるオーナー様に対してお伝えする内容となっています。

というわけで、ここからは

さまざまな広告媒体が持つメリットとデメリット

についてご紹介させていただきます。

美容室が広告目的で利用するであろう媒体の選択肢としては

  1. テレビ
  2. ラジオ
  3. フリーペーパー
  4. 折込チラシ
  5. チラシポスティング
  6. SNS
  7. ホットペーパービューティー
  8. 自社サイト

など。

ではないでしょうか。

細かく分類すれば上記一覧からさらに分岐するようなものもあると思いますが、この記事ではひとまずはその8個のことについて言及していきたいと思います。

予算的にあんまり考えられないけどテレビコマーシャル

まぁここは、出せる美容室というのは本当に一握りで、別格だと思うところだと思うので無視します。

ここまで予算がある美容室であれば、そもそもこのページを見ていないでしょう。

ということで次にいきます。

ラジオでの美容室の紹介

ラジオでの美容室の紹介というのは、ありえなくはないでしょう。

ただし、ここで注意したいのが、ラジオを聞いている人物を想像してみましょう。

ラジオを聞く人といえば、ながら作業など何かをしながら聞いている人で主なリスナーでは、車を運転している人、そして夜に作業をしている人などが主なリスナーの状況だと、考えられます。
※イメージしやすいように、伝えていますので、もっとリサーチすればもっと細かくでてきます。

あとは、どのラジオに対してどういう風に紹介してもらうかという事になりますが、これも番組によってもリスナー層が変わるため、そこまでわかったうえで広告を依頼することになります。

そして、テレビほどはなくてもやはり費用としては、まだ高いほうだといえます。

特徴そして言えば、ほかの広告でも同じような影響の出方があるのもありますが、ラジオの場合は、放送されてから効果が効く期間というのは長くても1週間といったところです。

それ以上は効果がないと判断してもいいでしょう。

そういうことで考えると、

その1週間で、広告にかかった費用を超えて売り上げを上げる。

または、顧客リストの獲得で良しとするのか?

という事などがあると思いますが、よくよく考えてみると、広告を出すというのは通常よりも値引きした金額などで集客することが多いために、通常よりも、1割増し2割増し、その値引きした金額の分だけ余計にお客さんをこなさないといけないわけです。

そういう傾向で考えると、顧客リストが取れれば・・

ということになりますが、価格で来たお客さんは価格で浮気するということもあり得ます。

浮気させない技術やトークがうちにはある。

ということであれば、ラジオでの広告も行ってもいいとは思いますが、不確定要素、不安要素が多くその割には費用がかかり、取り返す期間も1週間程度。

ラジオでの広告は、美容室としては、ハードルは高い傾向にあるとおもいます。

フリーペーパーで美容室へお客さんを集める!について

これは、よく行われている美容室さんは多いのではないでしょうか?

街頭でチラシをくばったり、フリーペーパーとは言ったものの、簡単な本のようになっている媒体など、いろいろあると思います。

このフリーペーパーは、業者にもよるとは思いますが、ある程度のエリア分けは依頼するときにわかる場合も多く、効果としては紙媒体としては比較的高いほうではないでしょうか?

また、フリーペーパーには、女性向けのコンテンツが書いてあったり、フリーペーパーそのものが女性向けのコンテンツというイメージもあり、美容室でいう女性客が読みやすい媒体でもあると思います。

ただし、オーナーのあなたが、効果があると感じるということは、ほかの美容室も同じように考えるわけです。

そして、ほかの美容室との違いといえば、

  • 広告表示の枠の大きさ
  • 掲載されているサービスの価格

です。

細かいことを言えば場所や、見た目などもありますが、

フリーペーパー媒体を見る人は、サービス内容や金額を見る傾向が強いので、それを強く伝える方法としては、広告の広さが大きければ、それだけ金額にも目が行きます。

そして金額やサービスで他店と比較する。

ということになります。

そして、その広告の広さを決めるのは、要するにフリーペーパーに払う費用次第ということになります。

ということは、そもそもフリーペーパーに広告として掲載するというのは、資金力や、キャッシュフローが大きい店舗に強いバイアスがかかりやすい広告メディアということになります。

もちろん小さい枠でも効果はでますが、

費用をかけた割にはもうちょっと効果出てほしいな。

が出ません。

これらは、美容室におけるランニングコストがどういう設計で運営されているかなどにも大きくかかわることなので、効果が無いとは言いません。

集客は確かにできるでしょう。

ですが、数をこなすことが目的になりやすく、薄利多売、もしくはサービスの質の低下や低下による悪評の発生などが起こりえるというのもあります。

ということでフリーペーパーでの広告に関しては、効果はあるが、当然ライバルとの戦いになることは避けられず。

それを理解したうえで利用するというのであればいいと思います。

折込チラシで集客をするための知っておいたほうがいいこと

折込チラシということであれば、当然新聞に折り込むということになります。

そうすると、どの地域のどういう新聞に出せばいいのか?

ということになります。

こういった場合に逆算して、あなたの商売のターゲット層が何歳~何歳で、どういうことに興味を持つ傾向があって、どういう仕事や環境なのかから考えると、どこの新聞に出せばいいのかというのが、ふんわりですが見えてきそうな感じになります。

あくまで感じです。

新聞の購読層などを、聞いたり調べたりしたとして、まずはそれの信憑性なども考えておく必要があると思います。

また新聞の折り込みに関しては、押紙とよばれる、配られないけど各地の新聞の配送センターなどが買っているけど、実際には配れれていないという存在もあるようです。

実際に配送されているといわれて請求される部数よりも少ない分しか配達していない可能性がいろんな方がブログなどで書いてあるようです。

この記事ではこのことがいけない、いいということではなく、費用対効果としてみたときに、そういう可能性も考慮してわかったうえで使用する必要がありますよ。

ということが言いたいわけです。

なので、

どの地域のどの新聞に折り込むならどうすればいいというのは、最終的にはすべての新聞である程度試すということ以外ではわかりません。

これが、また意外と費用がかかります。

そのうえで、新聞の購読数は年々下がってきています。

スマートフォンなどのニュース配信などで、事足りるからということなどで、新聞を解約、または取っていないという家庭も多いようです。

また、折り込む費用とは別に、チラシそのものを印刷する費用やデザインする費用なども別途かかります。

こちらも、意外と費用がかかるうえに、効果期間が1週間程度。

そう考えると、意外と手間と労力がかかるうえに、費用もかかる。

そして効果期間が1週間程度。

あとは、チラシの価格をどこまで下げるかという、まさに体力を削って戦うということになるので、大手の大きな美容室など資本との戦いですり減ってしまうということになります。

またこれも、値引き価格で集めたお客さんはそもそもが、価格で浮気しやすい傾向があるので、技術スタッフ、スタイリストさんの質や技術、トーク力なども必要になるため、本当に総合的に強くないと戦い抜きにくい広告媒体とも言えます。

ただ大手がチラシなどを入れる場合は効果がある程度あるからこそ入れていくということはあると思います。
(あらゆる媒体で他店をつぶすために行う場合もありえますが・・)

なので、どうしても試したいと思われるのであれば構わないと思います。

チラシポスティングで美容室へ集客?

チラシのポスティングは依然はよく効果が出てましたが、今は下手をするとトラブルになりかねない可能性を持つようになってきました。

それは、ポスティングを拒否している家庭が増えたということと、ポスティング拒否している人が、ポスティング拒否していることを前提に、クレームを入れてくる可能性があります。

これは、ポスティング業者があやまって拒否しているところにポスティングしてしまったりして、起こるクレームです。

クレームを入れる人は美容室に直接連絡が行くので美容室側は突然その対応を迫られたりするということもあります。

それでも、従来新聞などに含まれるチラシを見ていた家庭などが、たまにポスティングされるチラシに書かれているサービスに納得した場合、お客さんとして来店ということがあるようです。

ポスティングに関しては新聞折り込みと似た感じで、新聞という媒体と一緒にということではなく個別に届けるということ以外は同じ工程になります。

なので、チラシそのものを用意する手間と費用、そしてポスティングするための費用をポスティング業者に支払うということになります。

なので対応エリアをポスティングしてくれる業者ごとに1件ごとの費用がかかります。

あとは、本当にポスティングされているのか?という面も最初は考えておくことも必要かもしれません。

そういうことまで考えたうえで行うというのはいいと思いますが、やはりこのポスティングチラシも書いている内容次第では一般的に1週間程度の期間しか効果がないと割り切って使うということになります。

なので、チラシの内容で、売り上げを求めるのか、顧客リストを増やす目的なのか、その両方なのか、ということをよく考えておかないと、思った効果がなかったということになる場合があります。

SNSでの集客は美容室に効果あるか?

効果があるかどうかでいえばあると言えます。

ただし、SNSの場合は、拡散力のある、インフルエンサーと呼ばれるフォロワー数が多い人に紹介してもらったり、つぶやいてもらったりがないとほとんど効果がありません。

また、その拡散力がある人に頼らず、店舗別のSNSを用意してそれを拡散させるという方法がありますが、これには、育て上げるまでにとても時間がかかるというのと、担当者によって方向性がぶれたりするなど、美容室の業務全般がわかり、会話の能力があることが前提になります。

よくあるのは、新人にその対応をさせたりということがありますが、SNSなどのソーシャルは、現場を知っているある程度熟練した人で、人を楽しませることを楽しめる人でなければ、難しいメディアです。

また、フォロワーがたまらない限りは、過去に投稿した内容などは、ほとんど見られないので、結果が出るまでに、あきらめて運用をやめてしまうというリスクもあります。

効果が積み上げ式になりにくいドッカンタイプのメディアになります。

そしてそのドッカンタイプというドッカンが来るか来ないかは投稿していることが多くの人の興味に触れるようにシェアされる内容でなければ、おそらく効果はほとんど目得ないと感じる人も多いメディアといえます。

そこまで率先して行うべきなメディアかどうかはちょっと疑問がある感じです。

SNS単体でよい結果にするためには、本当に人の心理やシェアされる心理がわかる人じゃないと、むしろその労力をほかのことに費やしたほうがいいかもしれません。

後述していますが、ホームページとブログとの連携であれば、運営することへの効果は高まるといえます。

ホットペーパービューティーから美容室への誘導

このウェブで検索する時代に、プラスアルファで、テレビCMも売っているのでユーザー認識もとても高いです。

結論から言えば、人口が多いエリアであればあるほど、アクセスは集まりやすく新規のお客さんも集まりやすいというのは間違いありません。

ただし、ユーザーの年齢層としては20代がおおよそ半分くらいといわれています。

これがどこまで本当かウソかは、実際はそのエリアだったり価格だったりで変わると思います。

ですが、テレビCMとネットに慣れている年齢層ということであれば、やはり10代、20代、次に30代、一番欲しい40代は一番少ないという風に考えることができます。

あとは、ここからは、ホットペッパービューティー内での露出量を上げようとすると、追加の費用がかかるということになります。

そうすると、今までのほかの広告メディアと同じように、結局資本力がある美容室が勝ちやすい圧力がかかっているといえます。

サービスは厚くして、価格は安くして、そのうえでホットペッパービューティーに支払う費用が重なるとすると、なかなかハードルが高いのは間違いありません。

それを踏まえたうえで行うのであれば、ホットペッパービューティーは否定はしません。

そういう集客方法もある。というのは間違いないためです。

ただし、広告メディアは、やはり費用対効果があって初めて利用し続けることができるものではないでしょうか?

最後に自社ホームページ+ブログで集客することは可能か?

結論から言えば、

可能です。

なぜそうなのかというと、お客さんが検索するキーワードというのは、いろんな言葉で調べます。

その大きなキーワードを大手が抑えているとはよく言いますが、それでも、きちんと情報を更新し続けていけば、検索順位は上がっていきます。

そして気づきます。

あっ・・

実際にお店に来てくれるという人が検索する言葉ってこういうキーワードなの?

ということに。

例えば、

はさみ

と検索したときに美容室関係の人であれば、シザーを想像されるでしょう。

でも小さな子供をもつ、主婦であれば、子供の練習用のはさみを探しているかもしれない。

裁縫する人であれば裁ちばさみを調べたいのかもしれない。

中には、はさみをよりよく切れるようにという使い方を調べているのかもしれません。

というように、キーワードには、どういう風なことを知りたいのか?というのは人によっていろいろあり、

それは、トップページに掲載する情報量だけでは賄えないのです。

だからこそ、

●● はさみ

はさみ ●●

という言葉で検索してくるユーザーのことをターゲットにピンポイントで納得することや共感することを書いていたとします。

そしてあなたの美容室のサービス内容を見ていただいて、距離、金額、日時、時間帯があえば、お客様は来てくださいます。

さらに、普段のブログの中のあなたと、初めてあったあなたの姿とを重ねてみてくれます。

中には、

  • 思った通りの人だった。
  • 思ったよりも面白い人だった。
  • 思ったよりも誠実そうだった。

少なからずあなたのブログを見てきてくれた人は、ある意味一部でもファンとして来てくれているわけです。

お店に来ているわけじゃなく

オーナー様や、もしくはブログに登場してくる人みんなのファンとして来てくれるんです。

そして、いつものあたりまえの金額のサービスで来てくれる。

サービスや技術は他店と同等だとしたら、安いからと言って浮気されるでしょうか?

絶対しないとは言いませんが、

多くのお客さんが浮気せずに通ってくれます。

それは、お店に来てくれたあなたのサービスがいいからというものありますが、実はブログを見てもらっていた時点で、この戦略は出来上がっているんです。

また、ホームページとブログというのは、掲載し続ければ続けるほどその記録が長く続いて、その効果は、ブログを書けば書くほど、積み上げ式に効果が上がっていきます。

言い方を変えれば自社の広告媒体があって、それを見てくれた人の何割かがファンとして新規にお客さんとして来てくれる。

そしてそのイニシャルコストは、ホームページを制作したときの費用だけ。

ランニングコストは、サーバー代とドメイン代あとは、弊社にて保守管理なども任せていただければその内容ごとに少しかかる程度。

そう考えると、ランニングでかかる費用も、年間で数万円で済むわけです。

毎月数万円から、数十万円かかる、他社がもっている広告媒体に依存するのと、自社のブログを自社の広告媒体として運用するのとではどちらが、今後経営力をつけてくれるでしょうか?

ですがこのようなホームページとブログのことを伝えると、ブログの書き方がわからないと言われます。

わかります。

なんて書いたらいいかわかりませんよね?

どういうキーワードに対して書いていいかわかりませんよね?

大丈夫です。

だからこそ弊社のサポートがあるんです。

充実したサポートプランをつけたとしても月間で数十万円かかるというよなことはありません(笑)

そして、気づかれていますか?

すでに、あなたという弊社からしたらお客さんになる可能性がある人へ向けてこの記事ページが存在している事に。

同じことをあなたが弊社が作るホームページ+ブログで行うだけでいいわけです。

先に申し上げておきますが、ホームページ+ブログというのはすぐには効果は出ません。

これは間違いないです。

ですが、例えば、ポスティング、フリーペーパーなどの広告媒体に掲載しているのであれば、そのフリーペーパーなどから、ホームページを見てもらうように誘導するということができます。

そうすると、フリーペーパーやポスティングチラシで表現できないことなどをホームページで見てもらうことができます。

ホームページが育ってブログの効果が上がってくるまではそうやって運用することも可能です。

ホームページの効果が上がってきたらフリーペーパーやポスティングチラシの経費を少しづつ減らしていけば、いいわけです。

これはSNSや無料ブログなどでは対応できません。

無料ブログは、広告へ誘導する仕組みができているのでせっかくあなたが書いた記事で興味がある人も広告へ流れて行ってしまうからです。

SNSでは、情報の発信力、拡散力というのは、フォロワーがいれば効果的ですが、過去に投稿したことへのアクセスはほぼありません。

情報として過去に書いた記事が今日、明日助けてくれるという媒体は、ホームページやブログでしかありえません。

弊社では、いろんなメディアを運営してきたノウハウがあります。

ブログを書くときのアドバイスができます。

そのためのホームページがあります。

また、費用に合わせて比較的価格を抑えて制作することもできます。

あとは、いつオーナ様が踏み出してくれるかということだけです。

きっとオーナー様のお力になれると信じています。

WEB制作のご依頼はコチラ