営業初心者必見!名刺1枚で仕事を取る!【名刺交換のマナー】

 

これから営業マンとしてバリバリ成約をとるぞ!

と、思っているあなたに質問です。

 

その、会社から支給された名刺はどんな名刺ですか?

特徴もないシンプルな名刺で、さらに社員全員が同じ名刺。

違うのは肩書や名前などわずかな情報だけ・・・。

同じような肩書きの人が同時に来られて、商談後、数日たって電話しようと思っても『あれ?どっちの人だったかな?』ってなりませんか?

顔と名前が一致しないことも・・・

 

名刺とは?

基本は、縦55ミリ、横91ミリの黄金比で作られた、自己紹介用カード

ウィキペディアによれば、

”名刺は、自己紹介の一環として交換されたり、職業上の儀礼のために手渡されるものである。一般的に氏名を最も強調し、所属(いわゆる肩書き)・連絡先(電話番号・所在地など)を記載する。中には顔写真や、ウェブサイトのURLメールアドレスを記載しているものもある。保存性・耐久性の点から厚い紙が用いられ、携帯の利便性から人の手よりも小さいサイズの紙製のものがよく使用される。”

引用:Wikipedia

 

 

民間企業では、会社で統一されている名刺を作るのが鉄則となっています。

ですが、お堅いイメージの役所や市役所職員などは、個人で印刷会社に発注します。

意外じゃないですか?

大体のデザインは統一されているものの、観光課や市民課などは、部署により、名刺を頼むのは個人で印刷屋さんに頼みます。

役所から支給された物ではなくて、自分たちで作るんです。

 

公務員の名刺を公費で作るかどうかは別として、誤解しないで欲しいのは、『役所の世界はおかしな世界!』っと言っている訳ではなくて、与えられた物に疑問を持たずそのまま、電話帳のような必要最低限の情報しか載せていない名刺で、良い営業ができるのか考えて欲しいというわけです。

 

あなたが、今いる会社を数年後辞めて独立しようと考えたとき、事業内容や会社名、ロゴマーク、名刺のデザインも考えなければなりません。

 

 

ベンチャー企業でスタートする会社の名刺が電話帳のような名刺で仕事が来ますか?

 

一発で何をしている会社か分からない名刺は、名刺ホルダーに入れられ二度と日の目を見ないでしょう。

この記事で、名刺本来の意味と、営業の最強ツールとしての名刺の作り方を知っていただきたいです!

 

 

名刺交換のマナー

 

 

初対面の相手にきちんとした好印象を与えたい時は、マナーにかなった基本の名刺交換が効果的です。

 

01.名刺を出す

名刺入れから名刺を取り出します。

きちんとした名刺入れなどを用紙して、ポケットから出すのはNGです。

 

02.相手の前に進みでる

自分から相手に近づき正面に立てるように、対面します。

なるべくテーブル越しは避けましょう。

 

03.名刺を渡す時は訪問側が先

名刺入れの上に名刺を添えて差し出す。

名刺だけでもOKです。

 

04.名刺の向き

相手の方が読める向きで、両手で差し出します。

その際、「『○○株式会社の○○と申します』など、名乗ります。

 

05.相手の名刺を受け取る

名刺を受け取る際は、『ちょうだいします』と言って、胸から下にならないよう両手で受け取ります。

相手の名前の読み方を確認しておきます。

 

06.名刺は、すぐ直さない

頂いた名刺は、すぐ直しません。

着席後は、相手の名刺は自分の名刺入れの上に乗せてテーブルに置いておきます。

緊張して商談途中で、名前を忘れてしまった時の確認にもなります。

※名刺を一度もらったら名刺自体を雑に扱わないこと。

 

名刺があれば会話のネタは無限大

 

 

初対面で、話し下手な場合、名刺交換の後、微妙な空気の中耐えきれないといった経験はないでしょうか?

 

気の利いた話の一つでもして、相手と和やかな雰囲気の中商談したいと思うのは当然です。

 

名刺には、相手との会話の糸口となる、ネタがつまっているのです。

 

『話し上手は聞き上手』と言いますが、まさにその通りです。

 

商談に来たからには、自社の商品やサービスをアピールするのはもちろんですが、まずは相手の話を聞きましょう。

それには、名刺に書かれてある情報から会話のネタを探っていきます。

 

01.名刺は、本人の基本情報が詰め込まれた大切なコミュニケーションツール

●会社名

●所属部署

●肩書き

●氏名

●住所

●電話番号

●メールアドレス

●ホームページのURL

最近ではSNSなどの情報の他、企業ロゴデザイン、紙質、色使い、フォント(書体)色々な情報がつまっています。

 

02.相手の名前と読み方は1番最初に確認する

漢字には色々な読み方があります。

親切にローマ字表記してくださっている名刺なら良いのですが、最近ではキラキラネームと呼ばれる外国風の当て字もあります。

ローマ字など表記のない場合は、「お名前は何とお読みするのですか?」と聞いて大丈夫です。

 

03.企業名や会社ロゴマークに込められた想いをくみ取る

社名やロゴデザインなど、変わった名前や凝ったデザインなどは、どんどん会話のネタにしていきましょう。

その名刺の持ち主が創業者なら尚更、会社名の由来やデザインのこだわりポイントなど次々話してくれると思います。

 

04.変わった肩書きこそツッコミどころ!

外資系の企業が増えて、シニア○○や、プロダクトマネージャー、チームリーダーなど具体的に何をやっている人なのか分からない肩書きが書かれていたりすることもあります

 

社長さんや役員になると、

●代表取締役社長

●CEO(経営最高責任者)

●COO(最高執行責任者)

など、だれが一番偉い人なのか分かりにくい肩書きもあります。

 

上記のように、電話帳の様な基本情報しか書かれていない名刺でも実はネタの宝庫です。

 

まとめ

 

これから営業マンとしてバリバリ成約をとるぞ!

と、思っているあなたに質問です。

その、会社から支給された名刺はどんな名刺ですか?

特徴もないシンプルな名刺で、さらに社員全員が同じ名刺。

違うのは肩書や名前などわずかな情報だけ・・・。

 

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、名刺を渡す時の基本のマナーや、名刺からのコミュニケーションの取り方などをご紹介しました!

 

「名刺は、営業の最強ツール」です。

 

そしてこれから、

名刺をうまく活かしてお客さまからの成約をいただきたい!

と思われている方、自分のオリジナル名刺を作成してみませんか?

 

弊社では、名刺作成をしております!

 

気になった方、名刺作成をしたいと思っている方お気軽にお問合せください!

 

タイトルとURLをコピーしました