世界でも有名な10のロゴデザインに隠された意味を知ろう!

 

ロゴは、世界中いたるところに溢れています。

普段着ている服

使っている電話

飲み物や食べ物

私たちは、生きていく中でたくさんのロゴに出会っているのです。

ロゴにも種類があり、

文字や絵で表現されているロゴ

複雑な構造になっているもの

確実なのは、ロゴに隠された意味によって人々は、何のブランドのロゴなのかを
知ることができるということです。

普段は、そのロゴが「あるブランドを表している」以外にそのロゴの意味を
考えることは、ありません。しかし、良く知られているシンボルにも深い意味がある
というのは良く聞きますよね。

そこで今回はロゴに隠されている意味を10個紹介します。

 

01.ナイキ


 

 

ナイキのオーナーであったフィル・ナイトは、ある大学生に35ドル(日本円で3,150円)を支払ってロゴを作成させたそうです。

それが現在でもおなじみの「スウッシュ」と呼ばれるロゴで、これはギリシャ神話に登場する勝利の女神であるニケの翼をモチーフにしています。

 

02.スターバックス


 

 

真ん中に描かれている女性のモデルは、ギリシャ神話に登場するセイレーン(人魚)というモチーフです。

このセイレーンという人魚は、尾を2つ持っているのが特徴で、美しい歌声で船乗りを惑わせたというお話があるそうです。

人魚がロゴデザインに組み込まれた理由・由来は、スターバックス創業メンバーのひとりが、コーヒーや航海の歴史、シアトルという港のルーツを探っていたところ、ノルウェーの木版画に描かれたセイレーンを見つけて、ロゴデザインに取り入れたようです。

 

03.Amazon


 

 

Amazon社名の由来は、南米にある世界最大の河川(アマゾン川)です。

創業者のジェフ・ベゾスが立ち上げたオンライン書店が世界最大の店舗にんること
を願って由来されたそうです。

また、矢印はスマイルでもあります。これは、Amazonで購入する人々の幸せを表現したものです。

 

04.Audi


 

 

アウディのエンブレムはフォー・シルバー・リングスと呼ばれる4つの輪を重ねあわせたものです。

元々このエンブレムは世界恐慌の最中、1932年にヨーロッパの自動車会社4社が合併して設立されたアウトウニオンのもので、この4社とはヴァンダラーDKWホルヒ、そしてアウディです。

 

05.トヨタ


 

 

トヨタのロゴは、遠目からでもすぐ認識しやすいグローバルブランドエンブレムの最たるものであり、信頼性革新性高い価値を表現しています。現在のエンブレムロゴは、1989年に導入されました。

トヨタのエンブレムは、3つの水平垂直対称な楕円を組み合わせて表現されています。
この対称性から、トヨタエンブレムは全面からみても後ろから見ても同じ形をキープする機能を持ち合わせています。

 

06.BMW


 

 

まずは、BMW。皆さん「ビー・エム・ダブリュー」と読んではいるもののもともとは、BMWという社名は、B=バイエリッシェ(州名) M=モトーレン(モーターと同義語)W=ヴェルケ(製造会社)。つまり、Bayerische Motoren Werke=バイエルン発動機製造会社の略で、エンジン屋という生い立ちなのです。

 

07.Google


 

 

インターネットで、何かを調べたいときにお世話になる検索エンジンやブラウザ、Emailや地図、SNSまでさまざまなサービスを提供していて、IT業界の中でも何かしら利用していると思われるIT界の大企業Google。その名前の由来はどうやら間違いが始まりだったそうです。

1997年、新しい検索エンジンの名前を考えてドメイン名として登録したときに、googol.comと登録したはずだったのに、google.comと綴りを間違えてしまったのだそう。これがそのまま社名になたそうなったそうなのです。

 

08.Apple


 

 

Appleのロゴは、あのリンゴをかじったマーク。今や、一般的にも浸透しているマークです。

そのロゴのモチーフは、
『旧約聖書のアダムとイブの禁断の果実』と誤解されている方もいらっしゃると思います。

 

1番初めのリンゴのロゴは、カラフルな模様。作られたのは、1976年。

 

6色の横縞の色も特別な意味はなくて、かじってるのも『リンゴをかじるという一般的な行為から』で特に意味はない、とのこと。

かじってるのは『さくらんぼと間違えないように』という説もWikipediaのRob Janoffの項目に載っています。

 

09.Unilever


 

 

ユニリーバのロゴは、全部で25個の小さなアイコンからできています。

ユニリーバの製品は小さなものばかりですが、日々、様々な場所で暮らしをちょっとだけ豊かにしています。小さなアイコンが集まって大きな「U」を形作るデザインには、「さまざまなブランドを通して毎日の暮らしを豊かにしたい」、そして「毎日の小さな積み重ねをよりよい未来のための大きな力につなげていきたい」という思いが込められています。

 

10.LG


 

 

円は地球を表しLとGで笑顔をイメージしていて、笑顔の目がひとつなのは「目的指向、集中、自信」を表しています。右上には意図的にスペースを設け、LGの創造性と変化への順応性を表現しています。

加えて円の中に大文字のLとGを配置した企業ロゴは、企業理念である「人間らしさ」を表現しています。

 

 

まとめ

 

さて、いかがでしたでしょうか!

 

ここまで10のロゴとその隠された意味を紹介してきましたが、

あなたはいくつ知っていましたか?

 

次に何かのロゴを見るときは、よく観察してみると、そこに隠された意味やデザインを発見できるかもしれません!

 

さらに弊社、スクリューアドベントでは、ロゴ作成や

ホームページ制作を行っております!

 

是非お気軽にお問合せください!

 

タイトルとURLをコピーしました