3DCGパース・VRパース制作

cgperth

施工前にパースを作る。
それは当たり前のお話・・・
でも、今のパースで効果が出ていますか?

計画中の図面や簡易的なパースでクライアントにプレゼンテーションをしても、完成イメージが伝わらない…そんなご経験はありませんか?

パースやプレゼンボードは「完成イメージを正確に伝えられるか」が最大の課題ですが、その理解度は受け手の感性や建築知識のレベルにより様々です。

3DCGパースはそんな想像力の差異やギャップを埋めるために最適な提案手法です。

VRパース(360°画像パース)のご紹介

パースの作成時に生成したCGデータから高品位な360°画像データを作製。
部屋から部屋の移動表現等も可能なうえ生成したVRデータはPCやスマホ、またVRゴーグル等でクライアント様に直接ご確認頂けます。

3DやVRを提案や確認に利用する最大のメリットは「今は存在しない現実を視覚化すること」です。

現実的なビフォーアフターのイメージを事前に把握・共有することでオーナー、設計、建築、それぞれにメリットを生み、ビジュアルプレゼンテーションツールに留まらない様々な活用方法が生まれます。

制作依頼はこちらからどうぞ

納品仕様

3DCGパース/jpgデータ納品 350dpi 3840×2160pixel(4K2K解像度)
※350dpi 7680×4320(8K4K解像度)まで対応可
VRパース/データ納品(URL発行) 350dpi 8192×4096pixel(8K4K解像度)
※ご利用のデバイス用に最適な解像度に調整対応可