ペルソナの思考を間違えると業種問わず売上集客は上がりません!

ペルソナやユーザーを意識して、上質なページを作ってくださいって言われたけど・・

ホームページを制作してもらったはいいけど、ブログの更新について、なんて書いていいかがわからない。

ペルソナを意識してって言われたけど、どういう事?

何をもって質がいい記事なのか分からないって思っている方は多くないでしょうか?

このページでは、アクセスが増えて売り上げが増えるブログ記事やランディングページを作るために、よくあるペルソナの間違った考え方と、その例などをつかって解説します。

さて、

ペルソナっていう言葉ですが、おそらくペルソナについて、ある程度は調べたことがあるのではないでしょうか?

自分の会社のお客さんになる人!

という感じでいろいろグーグルで調べたりして、ペルソナ作っては見たけど、それをどう記事に反映させればいいかわからない。

また、ペルソナを作るのにとても数多くの種類が存在する。

というか、考えれば考えるほど、無限にペルソナってでてきそうで、

どのペルソナ設定が、自分の会社のお客さんになるのかというのが逆に分からなくなる。

という事になっていたりしませんか?

これって、当然なんですよ。

ペルソナを考えてください。

とどこかのコンサルの人から言われて、そのコンサルの人が言う例などを聞いたりすると、

意外と多いのが、

  • 年齢は何歳
  • 家族構成は何人
  • 収入はどれくらい
  • 職業はこれ

と…

こういう事を言うんですよね。

なのであなたも、同じように考えたりしていませんか?

そして、そのペルソナを考えた後・・・

で?

これを、どうしたらいい?

ってなるんです。

言い方は悪いですが、ペルソナの設定をしようとしているけど、

あなたの会社が売っている物を買いそうな人というペルソナを調べる方法が、ブレブレだったり、考え方が大雑把だったりしているからです。

なので…

そのペルソナ情報要る?

っていうペルソナ設定になります。

また、そのペルソナを決め込んでいく過程でも、実は多岐にわたって調べることが出てくるんですが、それは調べない。

うわべだけの情報ばかりしか集めていないので、ペルソナもうわべだけのペルソナになります。

そもそも、ペルソナ設定を決め込むときに、ゲームなどでいえば、キャラのステータス情報しか調べていないような感じなんですよね。

例えば貴方が、魔王軍の総司令官だとしましょう。

魔王様から、とっとと勇者倒して来いよ。
とあなたは言われている。

そのために、あなたが勇者の情報を調べたとします。
パーティには、戦士と魔法使いが居たとします。

  • 主人公:勇者
  • HP:756
  • MP:550
  • 攻撃力:97
  • 防御力:74

  • 戦士
  • HP:999
  • MP:100
  • 攻撃力:150
  • 防御力:125

  • 魔法使い
  • HP:550
  • MP:1280
  • 攻撃力:58
  • 防御力:69

そして、その情報をもとに、

これを見て、勇者と、戦士がHP結構あるから・・・
魔法使いはその分弱いから・・・

といって戦略を立てていきます。

いやいや無理でしょ・・

もっと相手の特徴を調べましょうよ。

例えば・・・

  • 勇者は意外とこっちが面倒くさくなる魔法を使ってくる。

  • その魔法は1回の戦闘で4回は使ってくる。

  • 戦士は攻撃力と防御力にまかせてゴリゴリ攻撃してくる。

  • 勇者と戦士がコンビで攻撃をしてきて、それに対応しているところを魔法使いが全体に効く魔法を放ってきてやられる。

というような事まで知らないと対応できないでしょ?

上記の事が過去の戦闘の記録をもとに調査してあったとした場合。

まず、

  • 勇者と、魔法使いに魔法を唱えさせないようにするか、魔法への対策を立てたうえで、ゴリゴリ攻撃してくる戦士にぶつけるのはこちらもゴリゴリ攻撃力と防御力が高い魔物を用意する。

  • 魔物の攻撃力と防御力を、アップさせる対策を事前に仕込んでおく。

  • 物量で勇者一行を倒すことが可能になる。

というような事を考えたりもできます。

これが答えじゃないですが、こういう解決法というのを見つけれるはずです。

そして、実際にターゲットがはっきりするとその人向けに何をどうするのか?

というのが見えてくるはずです。

ペルソナは実際にいるかどうかわからないという事で、とっつきにくい感じがありますが、それも、ウェブ上に調べれば、どういう事で困っている。

どういう事がどういう理由で嫌というのがある程度わかってきます。

それを、組み合わせたりするだけなんです。

ペルソナを決めるという事は、ペルソナを身勝手に生み出すという事ではありません。

商品を買ってくれるという条件をしっかり踏まえたうえでペルソナを条件の組み合わせで仮に成立させていくだけです。

なので、業種や売り物によっては、年齢層はあまり関係なく家族構成が優先されるというペルソナもありえます。

それを、どこかのコンサルに聞いた様な、どこかのペルソナの事を書いている記事を参考に訳も分からず作ってみると・・・

こうなります。

  • 年齢は何歳

  • 家族構成は何人

  • 収入はどれくらい

  • 職業はこれ

この条件だったら買ってくれるんでしょうか?

たしかに、広い意味でいえば買う人が存在するというのは間違いないでしょう。

では、先ほどのペルソナをターゲットとした商品を紹介するページで作ったとします。

すると、すごく幅広い言い方になるので、だれの心にもささらない言葉での商品紹介ページになります。

なぜか?

ペルソナ設定の条件が甘いからです。

甘いというのは、リサーチ不足だからです。

リサーチ不足だから、ペルソナを作るための前提条件があいまい。

あいまいな条件でペルソナを作るから、そのペルソナをもとに商品ページを用意してもあやふやなページになる。

だから、表現やキーワードなどもふくめて、素人が発想できるような言葉になるために、キーワードも、ライバルがとても多く太刀打ちできないようなキーワードでしか想像ができない。

ライバルが多く太刀打ちできないようなキーワードでしか想像できない記事だと、アクセスが発生するキーワードで上位表示ができない。

だからアクセスが発生しない。

だから、売り上げがウェブ経由では上がらない。

という風になるのです。

幸いにして、この記事を読まれてある方は、まだ、ウェブでのアクセスアップ、売り上げアップに関して考える事ができる人であるといえます。

(そうじゃなとこのページにはたどり着けません。)

もし売り上げ、アクセスアップの事で相談したいのであれば、意識一つで売り上げは変えられます!

WEB制作のご依頼はコチラ